不動産相続・遺産相続などでお困りの皆様へ、専門士業の先生を探せる無料のサービスサイト「不動産相続手続 遺産相続のサムライ業ナビ」

株式会社キーパーズESP

今すぐ無料相談0120−361-450

遺言書等の手続きでお困りの皆様へ、専門士業の先生方が的確なアドバイスをお届けします。

サムライ(士)からのワンポイントアドバイス

*

司法書士法人みずほ総合法務事務所

古山 亨 司法書士

〒501-0222 瑞穂市別府330番地1別府住宅1F店舗

TEL:0120-932-610
WEBサイトはこちら

正確な相続人調査を行いましょう!

法定相続の順位割合は以下のように決められています。

順位    法定相続人              割合
1      子と配偶者              子=1/2  配偶者=1/2
2      直系尊属と配偶者        直系尊属=1/3  配偶者=2/3
3      兄弟姉妹と配偶者        兄弟姉妹=1/4  配偶者=3/4

■配偶者は常に相続人となります。
■直系尊属は、子がいない場合の相続人となります。
■兄弟姉妹は、子と直系尊属がいない場合の相続人となります。

相続人は大きな財産を手にすることもありますので、今まで会ったこともないような相続人が突然現れたり、本来ない権利を主張する人が現れることも少なくありません。
そのため、正しい手順で法定相続人が誰なのかを調査する必要があります。

相続人調査の手順
1)亡くなった方の「戸籍謄本」「除籍謄本」「改製原戸籍」等を、出生から死亡まですべて取得します。
2)通常、この段階で両親と子供、配偶者が確認できます。
3)子供(代襲者を含む)がいない場合は、両親を初めとする直系尊属が相続人になりますので、必要に応じて戸除籍を取得します。
4)直系尊属が全員亡くなっている場合は、兄弟の戸除籍も取り寄せて調査します。

相続人は全国各地にお住まいの場合も多く、場合によっては海外にいらっしゃることも考えられ、全ての相続人の戸籍を集めるのは負担の大きい作業です。

また、相続人調査が正確でなかった場合、後から本来の相続人が出てきて、相続権の回復を請求されて全てやり直しになる可能性があります。こじれると訴訟に繋がることも考えられます。後々トラブルにならないよう、相続が発生した際は早めに専門家にご相談されることをお勧めします。

2013年8月10日 寄稿